<< プライバシーポリシー | main | 所有欲を満たすファーバーカステルのエモーションペンシル >>

2017.02.16 Thursday

e+mのペンシルキャップ

0

    記念すべき第一回目の投稿に何を書こうか悩んだ結果、私にとって一番身近な筆記具のなかで「鉛筆」について、それも、そのキャップについて書いていく。

     

    ブログに登場する筆記具といえば万年筆やボールペンだが、私は一周回って鉛筆である。(勿論、万年筆やボールペンについても今後書きますよ)

     

    ペンとの相性

     

    仕事や趣味で鉛筆を使うことがあるのだが、拘りたいのがキャップである。

    私は筆記ではファーバーカステルの9000番、絵を描くときにはステッドラーとシーンによってメーカーや濃さを使い分けている。

    キャップは、いつもピンピンに尖らせてある芯先の保護やペンケースを汚さないために着けるのだが、気分的なものもあり鉛筆メーカーごとにキャップを変える。

    海外メーカーの鉛筆は日本メーカーの鉛筆に比べ軸の塗装が薄く、文房具店や百均で手に入るエツミのキャップだと

    しっかりと固定できない。

     

    そこで、最近気に入って使っているのがe+mのペンシルキャップである。

     

    キャップのカタチ

     

    一般的なクツワのキャップに比べて長さは半分ほどと、キャップとしては少し短い。素材は真鍮とニッケルの2種類。

    弾丸のような形をしており、先まで入ったスリットによってある程度の太さまでの鉛筆に対応できる。海外メーカーのような塗装が薄めの鉛筆にはまさにもってこいのデザイン。

     

    長さ比較

    長さは30mm弱。

     

    短いがゆえにペンケースの中でも収まりがよく、デザインも独特で差別化が図れる。私は軸に金文字の鉛筆(ファーバーカステル9000番等)には真鍮を、軸に銀文字の鉛筆(ステッドラー マルス等)にはニッケルを充てている。そして国内メーカーの鉛筆(トンボMONO・三菱uni等)にはクツワのキャップである。

     

    キャップを変えると気分も変わり、仕事や作業へのモチベーションも変わってくる。小学生の時以来、鉛筆を使うことがあまりないという方がほとんどかも知れない。しかし、鉛筆を削った時の木の香りや、芯の粉で指が黒くなる感じ、頑張って使えば使うほど短くなる軸など、大人になった今でこそ楽しく感じられる何かが鉛筆にはあることを忘れてはならない。

     

    鉛筆離れした今だからこそ、ぜひ使ってみてはいかがだろうか。お気に入りのキャップとともに。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM